家に湿気を持ち込まない!外壁塗装で壁からの雨漏りをブロック!

レンガタイルの外壁

家に湿気がこもってしまうのは、換気ができていないだけではなく、外壁からの雨漏りという原因も考えられます。

そんな雨漏りをブロックするために、雨漏りの危険性と、外壁のメンテナンスやリフォームの方法について考えていきましょう。

外壁は傷みやすい!?外壁メンテナンスで自宅を守ろう

外壁は丈夫に見えても傷んでしまう

外壁は、遠くから見ている分には丈夫そうで、それほどメンテナンスの必要性が無いようにも思えます。しかし、築数年が経過していると、様々な影響によって傷んでしまいます。

外壁が傷む大きな原因としては、雨や風、潮風、日光などが典型的なものとして挙げられます。雨は外壁に浸透して劣化を早めますし、風は汚れによって外壁の塗料へのダメージを与えたり弱らせたりします。日光もまた、紫外線によって外壁の塗料等へのダメージを加えます。

その他、誤って人為的に外壁が傷つけられることや、物が飛んできて傷がつくことなどもあるでしょう。このように、外壁はとても傷んでしまいやすいものなのです。

外壁メンテナンスを行うメリット

外壁は傷つきやすいものだからこそ、それをメンテナンスしておくことはとても大切です。では、具体的に外壁メンテナンスを行うメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

まず考えられるのは、外壁を劣化させずに維持することができ、ひび割れなどを防ぐという点です。もしもひび割れや破損などが起こってしまうと、そこから雨風等が侵入してきてしまいます。これは必ず防がなければならないものです。

次に挙げられるのが、外壁を美しく保つことができることです。外壁は雨風を防ぐだけではなく、外に美しさをアピールする役割も持っています。メンテナンスを行うことで、強度の維持と同時に見た目も改善することが可能です。

壁からの雨漏り!?雨漏りによる湿気は腐食の原因だった

壁からも雨漏りはしてしまう

雨漏りというと、天井から水が滴るものをイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし、雨漏りは天井からだけ起こるものではなく、壁からも起こることがあります。

この雨漏りは、壁が経年劣化によって防水加工が弱ってしまっている状態や、壁に何らかの損傷がある場合などに起こります。特に弱っている壁は、突風や暴風雨などの自然災害によってダメージを受けることが多く、雨漏りを起こしやすいです。

雨漏りは家屋の上からだけではなく、横からも起こり得るということを意識しておきましょう。

湿気は腐食の大きな原因の一つ

壁からの雨漏りによって起こる一番厄介な問題であるのが、湿気とそれによる腐食です。というのも、湿気は腐食を起こす大きな原因の一つになるからです。

腐食は木材を食べる細菌の繁殖によって起こされます。この細菌は、木材を栄養としつつ、水分も吸収しながら繁殖をしていきます。そのため、湿気として細菌に水分を与えてしまうと、自宅の木材がどんどんと腐食されていく可能性があるのです。

腐食のリスクを防ぐためには、壁からの雨漏りを防ぎ、家に湿気が溜まることを阻止しなければなりません。

外壁リフォームには断熱・遮音の「サイディング材」がオススメ!

サイディング材はどんな素材か

外壁が古くなってくれば、そのリフォームを検討する必要が出てきます。そんな時にオススメしたいのが、サイディング材という壁材です。

サイディング材とは、サイディングボードと呼ばれる板状のものであり、壁材として用いる場合はそれを一枚一枚壁に貼り付けます。そしてサイディングボード同士の隙間をコーキングによって埋めていく形で外壁が作られます。

一世代前はモルタルという壁材が一般に普及していましたが、それに比べて取り付けやすさや耐久性・断熱性・遮音性などの高さから、今では多くの家にサイディング材が取り入れられています。

外壁にサイディング材を使うことをオススメする理由

外壁にサイディング材をオススメするのには、ちゃんとした理由があります。

まず、取り付けが容易であるという点です。そのため、取り付けの人件費が少なくて済むことから、安価に早く壁材のリフォームができます。次に、窯業系のサイディング材であれば、その他のサイディング材に比べても断熱性と遮音性が高いという特徴があります。

これら外壁に様々な効能が付くということからも、外壁をリフォームにするにおいてはサイディング材を採用するだけの十分なメリットがあります。

まとめ

家の中に湿気が蔓延してしまうと、それだけで住宅環境を悪くしますし、木材の腐食を招く原因になってしまいます。

湿気による被害を防ぐことはもちろん、外壁の損傷からくる様々な被害から家を守るためにも、外壁のメンテナンスを定期的に行うとともに適切なタイミングでサイディング材などを用いてリフォームを行うようにしましょう。

さらに、家の中「床」の正しいメンテナンス方法もご紹介しています。

おすすめ記事